サレタガワのブルー【最新話】ネタバレ27話と感想!暢が初恋を引きずっていた理由がよくわかる…

マンガmeeで大人気連載中の「サレタガワのブルー」。

セモトちか先生の作品ですが、不倫をされた側の視点から描かれたストーリーです。

ドロドロ?修羅場?というより、不倫してる側の人間がクソ男・クソ女すぎて腹たちます!!不倫されたらこんな気持ちになってしまうんだな…と思える、名作です…!

今回は「サレタガワのブルー」最新話27話のネタバレと感想を紹介します!

\漫画をたくさん読みたい方におすすめ/

U-NEXTでは無料お試しで600円分ポイントがもらえます。

U-NEXTには「サレタガワのブルー」は配信されていないのですが、無料トライアルの登録で600円分のポイント(継続利用なら1200円分も!)がもらえます。

そのため付与されたポイントを使ってあなたの好きな漫画を今すぐに無料で読むことができるのでおすすめです!

サレタガワのブルー最新話27話ネタバレ「暢の過去・・・あの日」

藍子に言い負かされたと悔しがる、麻衣。

藍子のクズ発言に、もはや何をいっても無駄だと追い込まれてしまったのです。

しかしたみくんは、麻衣が手を出さなくてよかったと言うのです。

そんなたみくんに、凶暴な彼女だけど嫌わないで?そして浮気しないで?という麻衣。

たみくんはしないよといい、麻衣にキスをします。

 

麻衣は、ふと気になることがあるとたみくんに言います。

暢はなんで藍子と結婚したのか分からないというのです。

昔から女の見る目がなかったの?と。

その質問に、暢にはワケありの過去があるんだ・・・というたみくん。

 

ここから、たみくんの回想がはじまります

初めて彼女ができたのは高校3年生になった春だった暢。

その相手は幼馴染の茉拓でした。

進路が女子大になるから、その前に好きだと暢に告白した茉拓。

ずっと両想いだった二人が付き合うことになって、たみくんは大喜びしたそう。

初々しく手をつなぐ二人を見て、別れることはないんだろうなとたみくんは思うのでした。

 

それからの二人といったら、どこへ行くにも一緒で校内公認の理想のカップルと言われるようになります。

半年がたっても、二人が一緒にいるのは当たり前に思えるくらいのいいカップルでした。

ただ、暢は思春期なのに茉拓を大事にするあまり一線をこえずにいたというのです。

麻拓が無理なら、それに合わせようとしていた暢。

 

暢たちはいつものように遊んで、茉拓は暢の家から帰ります。

帰り道送ろうとするのですが、大丈夫と麻尋は笑顔で帰っていきます。

次こそは最後までしようね!と。

 

その日の夜事件はおきたのです。

茉拓が歩道を歩いて帰っていると、居眠り運転の車が歩道を乗り上げ茉拓は帰らぬ人となってしまったのです。

茉拓との将来を当たり前に思っていた暢には自分の心臓も止まってしまうぐらいの絶望が押し寄せてきます。

この日を境に10年近く恋愛もできなくなったのでした・・・

サレタガワのブルー27話の感想

暢の過去はかなりダークなお話でしたね。

なぜ初恋が実らなかったのかずっと気になっていたのですが、まさかこんなことがあったなんて・・・。

10年ちかくずっとこの過去にとらわれて、暢はずっと苦しかったんですね(泣)

そんな暢を藍子が癒したのでしょうか?

でもまた、藍子に傷つけられて!なんでこんなに暢ばっかり嫌なことが起きるんでしょうか(泣)

次回は暢と藍子の出会いのお話でしょうか??

早く次が気になります!^^

サレブルは配信されておりませんが…

\漫画をたくさん読みたい方におすすめ/

U-NEXTでは無料お試しで600円分ポイントがもらえます。

シロ
サレブルも早く電子書籍で配信してくれたらいいんだけどなぁ…